FC2ブログ

心の表現

2009年07月24日

puerto

7月8日の朝日新聞の「声」に掲載されていた投稿が印象に残った。
73歳の方からのもの。

6月に、脳性まひで町立中学校から入学を断られていた女の子の
仮入学が地裁で決定したことで、30年前のことを思い出した、という。

その頃、車いすが必要な息子さんは、養護学校に通っていた。
小学3年生で公立の普通校に転校しようとしたが、
学校側は、「責任がもてない」と消極的な発言ばかり。

そんななか、1人の女性教師が
「やってみましょう!」と周りを促してくれた。
そして、晴れて転校が決定した。

卒業する時、その教師が言った。
「車いすの君がいたお蔭でクラスの団結力もでき、
 やさしい心が根付きました。ありがとう」

そういう話だった。

「車いすの君」という表現に、こんなふうに
親しみを感じることがあるのだ、と思った。

車いすに限ったことではなくて、
人との違い、それを個性として表現し、
他の誰にもかえられない “ひとり”として、
自分の価値を強く証明してくれる言葉。

家族以外の人からのこうした言葉が、自分への自信とか、
他者への信頼につながっていくのではないかと思う。
その人が一生大切にする言葉にもなり得る。
現に、30年経った今でも親御さんが覚えているのだから。

言葉は、心の表れ。
こういう心が、もっともっと浸透した世の中になればいい。
だから、文章を書く仕事をとおして、
はっとさせられるような、人の心を追いたい。
そして、その心を最高のかたちで表す言葉を追い求めたい。

miotobi




最新記事