FC2ブログ

追悼

2009年05月12日

cake

たまには、おいしかった・よっぱらった 以外のことも。

大きくても小さくても結果を出す、それを重ねていく。
ものごとはそのくりかえしだと
そもそも思っているのだけれど

ここ1カ月くらいかな…
入ってくるものをひたすら吸収しようと決めて、
感覚をがばっとオープンにさせて
自分を受信状態に置いてみたら

入ってきたのが「継続」ということでした。

その価値と、困難さ。


すごい記事が出てる、と
まわってきた読売新聞の記事の一文。


「その作品は、いつも新しくて、いつも忌野清志郎だった」。


ひとつひとつに丁寧でなければそれは点にすらならないし、
線にしていくことも“気づけば線だった”ではたぶんない。

たちどまったらおーしまい!
みたいなこと、漠然と信じ切ってきたけど、
だから止まれないし、重ねていくことのくりかえしなのだと思う。

それで、「パパの歌」の

昼間のパパは男だぜ~♪

ってとこを聴くと、
あたりまえみたいに月岡さんの顔がもれなくセットでついてきてしまう。
しまうというか、なんというか。

Asa.s


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apix.blog64.fc2.com/tb.php/71-80203e39
    この記事へのトラックバック


    最新記事