FC2ブログ

なんてえチームだ!

2016年03月30日

sweet19blues


録画していた映画「ペインテッド・デザート」を観覧。

日本映画ながら舞台はアメリカ西部。
砂漠の中のさびれたレストランが舞台。

日系の中年女主人は元東京ローズで、
助かるために米軍将校と寝たり、
対日協力で有罪になった友人を見捨てたりした過去がある。

店によく立ち寄る初老の男は、
近隣の牧場主かつギャングのボスを守る
用心棒たちのリーダー。
女主人に好意をもち、この仕事が終わったら足を洗うつもり。

砂漠で女主人に拾われる日本人の若僧。
レストランで働き、料理の腕の良さと真面目さを認められ、
女主人や用心棒リーダーと仲良くなる。

用心棒は若僧に足を洗ったら、一緒にレストランをやろうという。
結局、この若僧は刺客で、
料理の評判を聞いたギャングボスに自宅に招かれて料理をつくる。
1度目に屋敷の様子を確認、
2度目の招聘で仕事を成し遂げ、一人去っていく──という話。

この間に、用心棒リーダーの部下の女房がレストランを訪ねてきて、
旦那が撃ち合いで死んだことを聞かされ、
動揺して産気づくエピソードが挟まる。

用心棒と女主人と若僧が慌ててレストランで出産させる。
黒コショウを水に混ぜ、気付け薬にして産婦に飲ませたりしながら。
無事赤子を取り出した3人、夜になってたき火で暖まりながら
「なんてえチームだ」と初老用心棒。

女主人はうすうす若僧の正体に気づいていて、
もうすぐ暗殺決行というとき若僧に
「別にアンタが何しても何も言う資格はないけど、あの夜のことだけは覚えていて」という。
「私たちのチームが命を産み落とさせた夜のことを」

うちの会社の20年にも、
「なんてえチームだ」的な感じの仕事がいろいろあったよーな。
お得意先も含めて。

年齢、背負ってきた人生、考え方はバラバラだけど、
無我夢中でやった後の思わずの一言。
これからもつくってけるといいなと。

moon hill



最新記事