FC2ブログ

コスパのよい人生

2015年11月17日


IMG_4180 - コピー


食べるのも好き、寝るのも好きな私は、
社会人になってむくむく太った。
夜遅くにめいっぱい食べ、
消化もままならないままに
ベッドに潜り込んでいたからである。

社会人三年目で自分の体に嫌気がさして、
突如目覚めたかのごとく糖質制限生活を
開始し、だいぶ体形は持ち直したものの、
相変わらず食べることは好きである。

うすっぺらい財布を見つめて考えてみると、
ほとんど食費に消えているように思われる。
私は「倹約せねば!」と声高に叫び、
これまた突如、食費を切り詰めだした。

不況時代の落とし子である私は
脳内を埋め尽くす「コスパ」という単語に
すっかり洗脳され、慎ましく過ごすこと数日。
池波正太郎著「食卓の情景」にて、
とある一節を目にする。

 大好物のすし一皿を食べることによって、
 女ひとりが老母と子どもたちを抱えて
 立ちはたらくエネルギーも生まれてくる、
 ということになる。
 それほどに、
 「食べる」
 ということは、たいせつなものなのである。

 (中略)

 しかし、人間というものは実によくできている。
 死ぬときのことを考えていた翌朝、
 あたたかい飯と、熱い味噌汁と、
 好物の焼海苔を口に入れた瞬間に、
 「生きていることの幸福」
 を感じるように、できているからだ。


そうだ、食べることは生きることだ。
生きることを倹約してどうする?

身を縮めて冷やご飯を咀嚼するより、
多少散財してフルコースを堪能したほうが
幸せなひとときを味わえるだろう。

たとえ懐は寒々しくとも、
心から満足できるものを食べていた方が
人生の「コスパ」はいいのかもしれない。

hagi



最新記事