FC2ブログ

2月20日発売

2015年02月02日

IMG_3995

 『やまと撫子を超えて』 神戸新聞総合出版センター


  “15年間にわたって密接に関わり続けてきた東京の企画編集事務所が、
   初めて自らの立場から綴った「播磨高校」。
   心根の優しさを大切にし、心の美しさを育て、
   その先へと進み続ける学校が姫路にある。”
   (帯 コピーより)


   「誰かのためを思うこと」
   「生き方の背すじ」
   「仲間をつくる読書、自分をつくる読書」 ほか(第1章)

   「ラブレターと道標」
   「幸せを見つめる学校」
   「育まれるホスピタリティマインド」 ほか(第2章)

   「センス・オブ・ワンダー」
   「故郷」
   「本物の体感、心の体感」 ほか(第3章)


Asa.s







最新記事