FC2ブログ

一冊の周辺 ― 『魔女の宅急便』

2014年05月26日

IMG_5516

八王子から、千葉の市川までタクシーに乗った。
新宿から東京行きの中央線の終電に乗ったあとに、
神田で目が覚めて「まだもうちょっと寝られる」と思ったのが最後の記憶で
気づいたら八王子駅にいた。

5万円あれば行けますか、と訊いたら
3万円で行けるよ(笑)、と言われて、それで乗った。

三つあるタクシーネタのひとつがこれで、もう8年くらい前のことになる。

ふたつめはつい先日のことで、東関道の湾岸市川IC付近で
乗っていたタクシーのタイヤがパンクした。
タイヤを付け替えている運転手さんの背中すれすれを
後続車が追い越していくので、
窓から「あの、うしろ、危ないです」とか声をかけながら
深夜の高速道路でちょっと途方に暮れていた。

いちばん印象に残っているのは、
一昨年くらいに新橋から自宅まで
光の速さで送り届けてくれた運転手さんだった。

深夜で道は空いていたし、
新橋から千葉方面は車だともともと近い。
それでもJR新橋駅から幕張ICで降りるまで16分というのは異例の速さで、
怖いほどのスピードを出していた印象もなくて、
ワープしたみたいな気分だった。
仕事が終わったあとで眠かったので
わー、乗ってよかったなぁ、と思っていた。

思ったそのタイミングで
運転手さんがものすごくうれしそうな笑顔で振り向いて、

「これでこそタクシーって感じですね!」

と言った。笑いをこらえるのがけっこう大変だった。

これでこそタクシーって感じですね。って。

私はたぶん、いままで乗せてもらったタクシーの運転手さんのなかで
この人がいちばん好きだったと思う。
単に面白かっただけだけれど、
深かったな、とも思っている。

自分の仕事を客観視できる人は、たぶん多くない。
その仕事が自分の職業である時点で、
そこに自分の努力とか力量とかを重ねて語ってしまうから、
仕事に対する外側からの視点をつい忘れてしまう。

だけどあの運転手さんは、
完全に利用者の視点でタクシーという乗り物を評価した。
むちゃくちゃかっこいいな、と思った。


どんな職業につきたいか、これから考えはじめる高校生を想定して
本を選ぶ仕事をやらせていただいたことがある。

その時に、真っ先に思いついたのが『魔女の宅急便』だった。

職業を考えるのも職業に就くのもどんどん難しくなっているけど
この仕事があったら素敵だな、と思うことから
始めることができれば、と思っている。
そこから始められれば、
たいていのことはあとからついてくるから、と思っていて、
その気持ちを『魔女の宅急便』につめこんだ。


『魔女の宅急便』 角野栄子 (福音館書店)



最新記事