FC2ブログ

異故郷(いこく) 会津~会津若松2

2009年01月29日

aiz3.jpg

会津若松は、身近に伝統を提供するお国でした。

例えば、漆、ろうそく、味噌。
会津漆器は400年、絵ろうそくは500年の歴史を持ちます。
今回行った味噌屋“満田屋”も、1834年創業=“天保”5年創業。
そう思うと遠い存在のようだけど、今も同じカタチで身近にある。

会津若松駅と七日町駅付近に点在する伝統工芸品専門店は、
木の枠・ガラスの引き戸に、質素な古い看板などを構え、
伝統! と騒がずに、何気なく営業中。
しかし価格はお手ごろ、品揃えや質も良い。これは楽しいです。

「いらっしゃい」と言ったきり黙々と何かしている店主さん。
でも、質問をしたときの嬉しそうな顔、明確な答え、丁寧な包装からは、
受け継がれてきたものを大切に思っているのが、よぉーっく伝わってきました。

「ならぬことはならぬものです」があまりにも印象的ですが、
8つの掟を通していちばん強調されていることは、
「誠実に人と付き合うことの大切さ」ですね。

それが誠実なモノを作ることに繋がっていて、
高くもないし、押し売りもしない。
手に入りやすさ、さり気なさ、そして、提供する側の愛情。
広く庶民に親しまれる伝統のポイントでしょうか。

会津にはまた行きます。
雪であまり歩き回れなかった分、次回も楽しみです。

※ レッスンby漆のかんざしを買ったお店のおじちゃん
「漆はね、手入れしてあげてくださいね。
 手入れって言うと、きれいに拭いて箱に入れておく人がいる。
 でも、触ってください。(実演)
 手の油で漆に艶が出ます。
 ほら、ほら。(再び実演)
  ね。
 “手・入・れ”ってそういうことなんですよ。」

会津若松 2008年冬・その2

miotobi


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apix.blog64.fc2.com/tb.php/42-e0f76ef9
    この記事へのトラックバック


    最新記事