FC2ブログ

一冊の周辺 ― 『こころ』

2014年03月24日

IMG_4151

夏目漱石の『こころ』を読んだのは16歳の時だった。

夏休みに読む本として指定されていたので
高校のあった駅の近くの本屋さんで文庫本を買って、
夏休みのあいだずっと読んでいた。

ずっとというか、
部活をやっているか遊んでいるかで家にいなかったし、
急いで読む必要もなく、
物語の続きよりも気になることは日常にたくさんあって、
一冊を読むのに単純に時間がかかった。

だから、夢中になって読んだ、というのとはすこし違う。

ただ、読み始めてから読み終わるまで、
本を肌身離さず持ち歩いた。

学校指定のバッグ、部活で使っていた
水色のボストンバッグの横についていた小さなポケット、
教室の机、部室に置いていた段ボール箱、
お弁当を食べるのに勝手に使っていた離れの部屋、
家のベッドの枕元。小さな文庫本は私の行動範囲のすべてにきちんとついてきた。
だから時間ができると本の続きを読んだ。

手を伸ばせば届く場所にいつもあったせいで、
続きを読むことをどこかで意識していた。
何をしていても「私」や「K」の存在がどこかにあったし、
目のまえで展開される自分の日常を通して
「私」や「K」のことをうっすら考えた。

だらだらと時間をかけていただけで、
「K」の苦しい恋も「私」の後悔も理解していなかったような気がするし
あらすじをきちんと追えていたかどうかすら怪しいものだけれど、
おおげさに言えばあの夏を
『こころ』と一緒に過ごした、という感触がある。


大人になると「ななめに読んだ」「内容はわかった」という本が増えてくる。
読んでおいたほうがいい、といわれる本ほどそういうことがありがちで、
半ば義務感で買って義務感で読むので、
果たして「読んだ」といっていいのか曖昧な本は多い。

物語の内容よりも外側の世界によほど夢中だったけれど、
夏目漱石の『こころ』を、少なくともななめにではなく読んだ。

読んだ? と訊かれて、
読んだ読んだ、とあれほど堂々と答えられる本は少ない。


『こころ』 夏目漱石 (新潮文庫)



最新記事