FC2ブログ

一冊の周辺 ― 『光抱く友よ』

2014年02月27日

IMG_book04

高校生の頃、生年月日の数字を一桁ずつ足していって
その合計の数字から運命がわかる……
という占いがあった。

細かく分かれるから当たるよー、
みたいなことを言われた気がする。


細かく分かれても、おんなじだね。


と思ったのは、自分の誕生日が
1977年11月22日で
隣にいた友達の誕生日が
1977年12月12日だったからで、
足した「30」の数字から
なんらかのおなじ運命が占われた。

おなじだったのは誕生日の合計数字だけではなくて、
身長も体重も血液型も、
おなじふたり姉妹で妹の年齢までおなじだった。

以来、マメに連絡を取ったりはしないけれど

人生が浮いたり沈んだりしたひとつひとつを、
結局はいつも最初に報告してきた。
いいとも悪いともいわないけどまぁ味方なんだろうな、
という心強さが互いにあった。
互いにというか、すくなくともこちらはそうだった。

ずっと近くにいるのだから、
誕生日みたいなスペック以外にも
似ているところは確かにあるんだと思う。

それでも私は、自分たちふたりが近くにいるのは
「全然ちがう」からだと思っている。

おなじものを見ておなじように思っても、
そこからの行動が違い、記憶の仕方が違う。
いつかそれを思い出すときの表現もたぶん違う。

いつも、わかりたいな、と思う。

逆立ちしても本人には言わないけれど、
だから私は彼女にぺたぺたくっついているのだと思う。


『光抱く友よ』を読んでから、
人と人は「ちがう」から友達になるのだと思っている。

アルコール依存症の母親を抱え、水商売のかたわらに高校に通う同級生と、
大学教授のひとり娘である主人公。

友情というのは、いくつもの共通点を見つけて生まれてくる共感ではなくて、
どうあがいても理解することのできない、
分かち合うことのできない痛みを
必死になってわかろうとする気持ちのことをいうのだと思っている。

『光抱く友よ』 高樹のぶ子 (新潮文庫)



最新記事