FC2ブログ

伐採確認ツアーにて

2013年06月22日

IMG_6027

土曜日に団地の管理組合の植栽伐採計画確認ツアーに参加。

今年は40年に1度(うちの棟は40世帯いるのでこうなんです)
の管理組合当番なのであります。

普段ならそれでも「知らねーよ」で済ますとこですが、

震災フォーラムで鷲田清一さんが、
ワークライフバランスという言葉は根本的におかしい、
パブリックといえば仕事、プライベートといえば私生活しかないような前提だが、
プライベートにも「公」はあるはず、
それを行政や企業に任せっきりにしてきたのが近代であり、戦後の日本だ。
と指摘していたことに「ほほう」となったこともあり、
ささやかながら「公」の義務を果たすべく参加しました。

社内で勧められて読んだ小説に、

木や草花の名前をほとんど知らないヤクザ(企業戦士の暗喩かと)
がラスト、死ぬ直前に木の名前を気にする場面があり、
それが印象に残っていたことも少しあります(もう遅いか…)。

夾竹桃は倒れやすいが、枝に毒があって防虫効果があり、

うっかり箸の代用にした人が死んだこともある、とか、
山桃の実はベリーっぽくてうまい、とか、
木には剪定していい時期と悪い時期がある、など
いろいろ教えてもらいました。

震災フォーラムでは、弱者を中心にした共同体に可能性を見出そうという論が

強かったのですが、実際にはいろいろ大変だということも実感。

見学ツアーの最中に、各棟階段前の小スペースにあるギンモクセイや枇杷は
個人が勝手に植えたものなので伐採しようという話になりました。
ギンモクセイはうちの棟にあり、花が咲くと匂いで秋を感じたものですがアウト。
枇杷の木を切るしかないねと話している最中には、その棟の人が出てきて、
その棟の数世帯が、子供の小学校入学の記念に植えた思い出の木だから
どうか切らないでくれと嘆願(でもルール違反だし、根がコンクリを割るのでアウト)。
メンテナンス費用削減のために伐採予定のケヤキは、
もう動けないおばあちゃんが毎年黄葉を楽しみにしてるとかも…etc.etc.

たかだか200世帯なのに、心情的にはOKのものでも、

公平性や費用の面から、私情を踏みにじらねばなりません。
参ったな、面倒臭い……
でもこんなこと言ってちゃダメなんです、たぶん。
暑い中2時間歩きっぱなしで、ヘタレつつも反省。


text by 月岡 誠



最新記事