FC2ブログ

愛はなあ

2013年03月16日

sendai_convert_20130316143916.jpg

連れ合いとの昼飯でチャップリンの名が出た

翌日に社史の仕事で社長が「勇気を歓迎する」
という訓話をしている記事を読んだせいか、
なぜか昔「ライムライト」(リバイバルです、誤解なきよう)
を見た時にパンフにあった
「Some Money, Some Courage,with Big Love」
が頭に浮かび、確認のため検索。

したところ、そもそも

「Some Money, Some Courage and Big Love」
の間違いと判明。
しかも映画のセリフでは、人生に必要なのは
All it needs is courage, imagination, and a little dough.
と言ってるのをキャンペーンフレーズ用に変えたとのこと。

勇気、想像力と意気込んだ後にお金を加えざるを得ない
大人の切なさが出ているセリフですが、
お金を先に出し、「想像力」を「大きな愛」に変えたという。
まあ、想像力は独力で身につけられそうなんで、
欧米的な個人主義からすれば、こっちだよなという気はします。
Loveをもってきたのは、
当時(1973年くらいでしたか)の日本人の英語力と
最後に重要なものをもってくる語法と、
日本人の性格を考えた巧みな編集かと思います。

私自身、うろ覚えながら頭に入ってたわけですし、

ビートたけしさんもCMで
「やっぱり愛は勝つんだよな」と言ってますもん。
この場合の愛という日本語は
江戸期には「大切」と訳していたという話
(汝の隣人を愛せよ→汝の隣人を大切にしろ、「愛」は男女間どろどろ限定という)
も思い出しつつ、ここ30年で日本人って変わったのかどうか、など、
大震災2年目を過ぎてぼんやりと1時間。

moon hill



最新記事