FC2ブログ

この指と~まれ!

2009年01月08日

RIMG0008.jpg

仕事に限らず、自分からなにかを発信している人の周りには、自然と誰かが集まって
くるように思います。

12年ぶりとなる高橋恭司の写真展「織箱」が、年末に南青山で開催されました。
おそらく、都内を撮影した写真の数々。
鈍器のようなもので殴りかかってきそうな凶暴さと、触れるだけで崩れてしまいそう
な繊細さが同居した表現に圧倒されてしまいました。

実はこの写真展の主催者であり会場にもなっている会社、match and companyさんと
弊社は以前、写真集型の社史を一緒に制作したらしいです。

“らしい”というのはまだ私が入社する前の話だからですが、その時の繋がりが私を
この写真展に導いてくれました。
それもこれも、先輩方の仕事へ対する直向さのおかげです。

ひとつの仕事を、ひとつの出会いと考える。

そうすると、眠くて思考停止になりそうな時も集中できるから不思議です。
その積み重ねが大きな輪になって、新たな出会いに繋がっていく。
単純ですが、そこに嘘はないんじゃないかと思っています。


PS.写真の指は、写真家の佐内正史さんです。
まさかご本人に会えるなんて・・・。感激!!

koji
「半径4メートルの世界」 其の壱


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apix.blog64.fc2.com/tb.php/35-d03abcda
    この記事へのトラックバック


    最新記事