FC2ブログ

財産

2012年10月26日

IMG_1259

20年、30年といった長きにわたって、
それこそ年に一度行くか行かないかという距離感で、
それでも決して忘れることなく通っている店がある。

「そう言えば、今年はまだ行ってないな」
そう思ったらすぐにでも行きたくなる。
行って店主の顔を見たくなる、声を聞きたくなる。
空気に触れたくなる。

とりたてて“常連”を気取るわけではない。
でも確実に、自分の生活の中の、ひとコマに組み入れられている。
ある程度の齢を重ねてくると、
そうした店を持つことは、間違いなく“財産”と言える。

いまは、ご子息が家業を継ぐことのほうが珍しい。
当然、店主も高齢になる。
真面目で一途な職人が必ずしも報われない時代である。
当然、経営も厳しくなる。

そんな時代だからこそ、
“財産”を大切にしていきたいと思う。

Taka



最新記事