FC2ブログ

世界一美しい本を作る男

2011年07月06日

IMG_7211

CATVで「本を作る男」というドキュメント映画を
途中からちょっと見。

ドイツのゲルハルト・シュタイデルという出版人で、
世界一美しい本を作る男と言われ、
会社にはデザイナーはもちろん、印刷工場まであって
最後の最後まで自社で面倒みる。

造本や印刷の仕上がりなど、
とことん納得いくまで追求するので、
たまたま見た場面では、写真家に
「定価を1万ドルにするか、部数増やして下げるか」
みたいな話してました。
1万ドルって、車買えるじゃん……

でも、ウチがやっている年史も、
先方担当者の人件費などまで考えれば、
1万ドルには遠く及びませんが、
1冊数万円という、本としては相当な
高級品だったりはします。

雑誌インタビューでのシュタイデルの言葉。
「この世で最も贅沢なのは、集中して削除していくことです」
膨大な手間をかけて、出すのはギリギリまで絞ったもの。
かっこええ。

そういえば、シュタイデルさん、写真家に
マット紙とコート紙の違いを説明してました。
なんか最近、ワタシもやったよーな。
おお、ちょっとだけ気分はシュタイデル。

moon hill



最新記事