FC2ブログ

ないものをつくる

2010年08月27日

IMG_0249

3カ月くらい前のクーリエジャポンに、
書体メーカーのモリサワについての記事がありました。
同社の2009年2月度の年間売上高は、
前年比5.3%増だったとか。

コンピュータではなく
手書きによる書体デザインにこだわっています。

1つの書体ができるまでに、4年もかかったりする。
販売、マーケティングその他の部門から
完全に切り離された場所で、
34人のデザイナーさんたちが
書体開発に打ち込んでいる様子が
記されていました。

書体は、世の中にたくさんあります。
もう、十分にあります。
それなのに、開発を続けるのはなぜか。

プロの仕事にはまさしく、
そういう特性があるように思います。

自分がかかわる分野が、
よりいっそう奥深さを増し、可能性を広げることに、
疑問を抱かない。

編集作業のなかで、
私がもっとも興味をひかれたのは、
書体や用紙といった「素材」でした。
種類の多さに驚いたし、
同じように見える書体の微妙な、
比べてみてはじめて分かるような確かな違いに、
そして、そこから(基本的に)好きなものを
選べてしまうということに、
非常な奥深さを感じたからです。

モリサワの人たちは、それを可能にしてくれている。

そして、イメージに合う書体がなくても、
新しい書体をつくっちゃおうとは、私は思わない。

ないならつくっちゃえばいいよって、できない。
探そうとは思っても。

それは、つくられている道具たちが、
唯一であり、プロの仕事によるものである証です。

出版されている本については、
反対のことが言えます。

ないなら、むしろ、ないからこそ、
つくりたいと思う。

リッツ・カールトンの本はもうあるのに、
なんでもう1冊出したの?

という質問に、自分が答えられるように、
モリサワの人たちは、
ひとつひとつのゴシックについて、
その存在理由を言えるのだと思う。

ないものをつくる。
可能性を広げる。
疑問を持たずに。
そういう、プロになりたいと思いました。

miotobi



最新記事