FC2ブログ

考えたこと~想像力

2010年08月17日

rokube-

タイ・バンコクのスラム街にある保育園。

そこで行われている
絵本の読み聞かせについての雑誌記事を読んで、
「想像力」について考えさせられました。

様々な団体や企業の寄付で成り立っているという保育園。
立派な建物に、清潔な園舎。
通う子どもたちは、(タイらしくタンクトップの)制服姿。
しかし、保護者が麻薬中毒だったり、刑務所にいたりと、
本当に「保育が必要な子たち」だといいます。

なぜ、絵本の読み聞かせを行うか。
その保育園の先生が言っていた。

 絵本が育む想像力の、
 ポジティブな面を大事にしたい。
 子どもたちの多くは、“家庭”を知らない。
 でも、いずれは成長し、自分も親になる。
 そのとき、家族とは、父親とはどういうものか、
 イメージをもっていてほしい。

知らないから絵本でイメージしてほしいというと、
安易に感じられるかもしれない。
でも、心を動かされました。

家族とはどういうものか。
タイでは、現代の親たちもそれを学ばずに育ったため、
子どもを愛することを知らず、
わが子にひどい仕打ちをしてしまうことがあるといいます。

悲しすぎるその連鎖を、どうしたら断てるのか──。
こうした問いの答えのひとつが、「想像力」なのだと思う。

「想像力」は何のために必要か。
「想像力」は何をもたらしてくれるのか。

ポジティブに考える力、未来を切り拓く力、
物語を生み出す力、人生を自ら楽しむ力……
たくさんあげられると思いますが、
そのなかでも根本的で、もっとも大切なものは、
「思いやり」だと思います。

タイの保育園の先生も、
「知らないことのイメージをもてるようになること」を、
読み聞かせの最終的な目標だとは思っていないはずです。

絵本で「愛」や「家族」といったイメージ築き、
かつ想像力を養う。
その双方の「成長」をとおして、
「思いやり」をもって
人に接することができる人になってほしい。

そういう思いが根底にあって、
それが、読み聞かせの
最終的な目標のひとつなのだろうと思います。

私がこうしたら、○○ちゃんは嬉しいだろうな、
悲しいだろうな、痛いだろうな。
想像力が育まれるほど、
自分の行動について、相手を主語にして考える力も育つ。
経験がそれを後押しする。

タイの保育園の先生の言葉に、
1冊の絵本と、そこから広がっていく「想像力」がもたらす、
幸せな社会の未来が見えた気がしました。

miotobi



最新記事