FC2ブログ

考えたこと~「リッツ本」

2010年02月08日

ritz
『リッツ・カールトン物語』(日経BP社)より

アピックスに入社してから、
社史や広報誌など、
いろいろなお仕事に関わらせていただいてきました。

そのなかでも「ホスピタリティ」という題材は、
私の結構大きな“初めて”をたくさん持っていきました。

初めてのテープ起こしは2009年2月の「四方さん取材第3回」でした。
初めての取材、初めての出張は同年3月、「四方さん取材@名古屋」でした。
そして、初めて大宅文庫で検索した単語も「ホスピタリティ」だった。
読んできた資料も、恐らくダントツで多いように思います。

いま、本当にこれが「本」になるのだという
ラストスパートのなかで、また“初めて”がたくさんある。
そして“初めて”を重ねる度に、
自分の身の回りで起こっている出来事について、
自分の身の回りにあるものについて、
再度、しみじみと考えさせられています。

本というのは小さい頃から、別に普通に、
当たり前のようにあるモノでした。

この「あったりまえにあるモノ」ができあがるのに、
技術的な面でもこれだけのことがなされていて、
これだけの人が動いている。
目の前の1冊は、
私の“初めて”だらけの1年に値するものがバックにあって
初めてカタチになったもの。
例えば、先月コンペに参加するまで、
学校案内1冊に「コンペ」というドラマがあるということを、
参加者の気持ちなんかを想像するほどリアルには考えていなかった。

こうしたドラマを想像する時、
それぞれにかけられた時間や労力、思いには差があるでしょうが
1冊1冊、なんて貴重なものなんでしょう、と思います。
「モノを大切に」って、当たり前だなぁと感じる瞬間です。

知ること、体験することの力と価値は、
それを感じることができるところにあるように思います。

いつもどおりのまとめですが、
世の中の仕組みを知るというのは、
そういう「つながり」や「しがらみ」を知ることであり、
だからこそ思いやりとか心づかいが生まれるのだろうなと。

「ホスピタリティ」の企画で
“初めて”を重ねるなかで、そういうことを何度も思えた。

shoko

リッツ・カールトン本が形になるのをひとつの区切りに、
こうしてたくさんのことを経験させていただいた1年で学んだことを、
“2度目”に活かすことを意識していきたいと思います。

miotobi



最新記事