FC2ブログ

「付加価値」について

2009年10月26日

boss

「付加価値を高めること」が、ビジネスの鉄則となっている。
でも、この「付加価値」とは一体何であろうか?
近年、そのひとつとして
「価格」があまりにも大きなウエイトを
占めすぎているような気がしている。

ジーンズ業界が、悲鳴を上げているという。
ユニクロ姉妹店から980円のPB商品が出て、
ドン・キホーテから690円。

いくらなんでも異常である。
(かつて、電卓が100円ショップで売られている事態に唖然としたが、、、)

これらの多くは、中国などの廉価な労働力を活用したものであり、
“ある意味での搾取構造”の上に成り立っている。
そして、低価格志向の消費者がこうした動きに飛びつき、
リーバイスという老舗が窮地に陥り、
「ボブソン」ブランドは企業再生会社に譲渡されることが決まった。

イオンなどスーパーが
農産物を産地直送販売の動きを強めていることに対し、
新しい農林水産相は、
「強いものがバンと現金を持って何でも現地で買えばいいのか。
そのことが消費者にとっていいことなのか」
と疑問を呈している。

少し前のカンブリア宮殿で取り上げられた
「三元豚」ブランドで有名な平田牧場の新田会長は、
最大の取引先であったダイエーか
らの執拗な値下げ要求にキレて、
「明日から取引しない!」と激怒した。
生産者の血の滲むような努力を認めず、
ただ単に価格を下げることしか考えていないことが、
「人間として許せなかった」と言う。

その後、平田牧場は生協の消費者とともに、
自分たちだけの産直──コストをかけて丹精につくったものを、
その価値を理解してくれる人が買う──仕組みを作り上げた。

商店街にある小さな店でも、
そこにプロとしての誇りと職人芸が発揮されていれば、
スーパーと比べて高くても、分かる消費者は選んでくれる。
そこに、本来あるべき「付加価値」がある。

でも一方で、消費者のほうが「価格」「価格」と、
そこだけに価値をおくようになれば、
心ある職人たちはどんどん居場所を失い、
絶滅の危機を迎えるかもしれない。

その意味では、消費者にこそ「品格」が強く求められてくる。
正当な価値をきちんと認め、
対価を払って育てる社会──
それこそが成熟した大人の社会であり、
求められる理想社会とも言える。
日本は戦後、高度成長を遂げ、
経済的な豊かさや便利さを手にしたが、
多くの面において、明らかに後退し失っているものが
あまりにも多いように思えてならない。

そうした時代にあって、
アピックスがどのように「付加価値」を追求していくか、
大きな課題である。

Taka



最新記事