FC2ブログ

奇跡の「復活」

2011年12月25日

IMG_9962

アピックスではある時期まで、
“潤いと彩りのあるオフィス”をめざして
さまざまな植物を室内で育てようとしていた。

現事務所への引っ越し祝いにいただいた
高価な観葉植物から始まって、
冬のシクラメン、春のヒヤシンス、夏のオジギソウ、
変わり種では「トウガラシの木」など等。

しかし、残念ながら、
一部のハーブを除けば、
数週間後、例外なく枯れ果てた姿へと変身した。

「身代わりに悪い“気”を吸収してくれたんだ」

と考えることにしたが、
可哀想なので、
鉢植えの購入はいつしか控えるようになった。

例の「シイタケ菌床経営」をめざした
シイタケの菌床も、
一度華々しくシイタケのカサを咲かせたものの、
収穫後は、やはり枯れ果てた菌床に一直線!

処分寸前になって、
それじゃあダメもとでと、
「バケツ沈め込み作戦」を連日のように敢行。

すると、なんと数日後、
一つ、二つと、小さなカサが、、。

来年は、化けるかもしれない。

Taka

トカトントン2011

2011年12月19日

IMG_9877

IMG_9911

すぐに切れてしまう中高年が増えていると
日経新聞の記事に出ていました。
会社で軽んぜられ、家で疎まれ、というお定まりの解説がついていましたが、
資本主義の必然でもありましょう。
150年にわたって、仕事でスピードあげろって言われてきたわけですから、
切れるスピードあげても、当然のような気もします。

しかし、中高年が頭に血を上らせるのは、健康の面からも危険です。
そこで、トカトントン2011を提唱致したいと思います。
トカトントンは、言わずと知れた太宰の小説、
何か熱くなりそうになると、
トカトントンの音が聞こえて何もかも白けてしまう、という。

しかし、いかんせん古いじゃないか、
白けているだけじゃいかんのじゃないか、とご心配の方もいらっしゃるでしょう。
そこに、朗報です。
少し前にテレビで、森三中の黒沢さんが、
KARAの衣装に身を包み、「なんなんだ、なんなんだ」と
ヒット曲「ミスター」の前奏に合わせて連呼しておりました。
これです。
「なんだいったい、どうなってんだ、責任者出てこい」
と血が上りそうになった瞬間、
「なんなんだ」とまずつぶやき、続けてリズミカルに
「なんなんだ、なんなんだ」と連呼していただく。
すると、行きどころのない怒りが収まるだけでなく、
楽しく前向きに対処しようという気分になる。
周りも巻き込んでいただくと、そこにはあたかも
ハリウッドミュージカルのような楽しい空間が。

この先、先ず相手に文句言うのが最優先のアメリカ流で行くなら、
こういうとこも一緒に輸入しないと
社会がぎすぎすしてしまいます。

Everybody, let's NAN NAN DA !

moon hill

筆まめ歴 更新中

2011年12月13日

greetings

今年の冬のグリーティング切手。

手にした瞬間、誰に、
どのカードに使おうかなぁと考え、
図々しくも相手が喜ぶ姿を想像して、
幸せな気持ちになりました。

「紺屋の白袴」「大工の掘っ立て」なんて言うけれど、
私は入社してからの3年間で、ますます筆まめになった。

仕事のなかで、
相手の顔を思い浮かべながら書く緊張感と楽しさを、
日々、実感できるからじゃないかと思います。

あと20日足らずの今年も、
そんな機会がたくさんあったことに感謝しながら、
1日1日、大切に過ごしていきたい。

miotobi

ホリデーボーイ

2011年12月09日

IMG_9853

鼻のアタマがあったかい防寒具がほしいな。。。

いっそ耳あてをタテにつけたろうか…と本気で思う今日このごろ。

みなさまご自愛くださいませ。

Asa.s

ケーキ

2011年12月05日

IMG_9807

IMG_9826

自分の誕生日のはなしを2回も引っぱりますが、
洋梨のショートケーキ
お祝いしてもらった当日。

今年のケーキはほんとうに
カッコよくておいしかったな。。。

そういえば去年は、一昨年は、と
思い出して (ケーキのことを) いるうちに

ここで迎える10回目の誕生日なんだってことに気づきました。

もう10年もお世話になってんのか。。。と思ったら
感慨深いというか、
恥ずかしいというか、
急にもじもじしてしまった
そんな誕生日でした。

だいたい“今年のケーキは”とか言ってる時点で
めちゃくちゃ幸せ者なのです。そもそも。


いつも、ありがとうございます。(ケーキのことじゃなくて)

Asa.s


最新記事