FC2ブログ

告知

2010年05月26日

Fireplace

お知らせです。

6月6日の祝賀会、まだ空きがあるようですので、ご興味のある方は是非!

四方啓暉(ザ・リッツ・カールトン大阪 元副総支配人)
『リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ』
「出版記念パーティ in 大阪 ──はじまりの地で」
 
2010年6月6日(日) 16:00-18:00
大阪市中央区南船場2-6-12 SEDIC PLACE 「Vanilla」
 
お名前とご連絡、ご参加くださる人数をこちらまでお知らせくださいませ。
折り返しご連絡させていただきます。
m.tobimatsu@j-apix.co.jp  飛松(APIX)

BIRTHDAY!

2010年05月20日

0715

Boss's birthday...... おめでとうございます!

Asa.s

ロマン派

2010年05月18日

0926gold

半年ぶりに府中競馬場へ行った。
“株主報告会”を兼ねた、恒例の競馬観戦である。

アピックスはかつて、競馬関連書籍を何冊か企画・執筆・編集している。

『サラブレッド101頭の死に方』 (アスペクト刊/徳間書店刊)
『サラブレッド101頭の死に方 2』 (アスペクト刊)
『あの馬は今? ガイド』 (アスペクト刊)

に代表されるように、競走馬の生きざまに焦点を当てている点で共通する。

「競馬はロマンだ!」と声高に叫ぶことはしないが、
いわゆる“馬券本”には手を出さない。
(ちなみに、政治・宗教・風俗にも手を出さない)

さて、だからと言うわけではないが、
競馬観戦の結果は、いつものように日本中央競馬会への“高額納税”に終わった。

いつか、ロマン派でも馬券で勝てることを証明したい。

Taka

発売!

2010年05月15日

平積み御礼。

book1st

邏�莨雁嵜螻区眠螳ソ蜊誉convert_20100515180022

kkya2

これまでも何回かお知らせしてまいりましたが、
企画から編集、制作まで行った書籍、

『リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ』
(四方啓暉著、河出書房新社)


が、5月12日から書店に並びはじめました。

ザ・リッツ・カールトン大阪開業プロジェクトの
担当責任者だった四方啓暉さんの、初めての本です。

スタッフが楽しむことがお客さまの感動の原点であり、
かかわるすべての人が幸せになることが成功である──
そうしたリッツ・カールトンの思いに共感し、
開業準備に7年もの歳月をかけて、
ザ・リッツ・カールトン大阪に
ホスピタリティが生み出される土台を築いた四方さん。

この本を世に送り出すのは、
ここで語られる四方さんの哲学と経験が、
必ず社会のためになる、と信じているからです。

出版を実現するに当たり、
ご協力くださいました皆さま、
本当に本当にありがとうございました。

大切に育ててきたわが子のような本の書店デビューは、
とても嬉しいものでした。

たくさんの人の役に立っておいで!

miotobi

ザクロジュース

2010年05月13日

Punicagranatum

先日、久しぶりに「谷根千」散策へ出かけた。
五月晴れで、ぐんぐん気温が上昇するなか、

「マンゴージュース、冷えているよ。70円!」

という若い異国の女性の声。

ふと見ると、イラン料理店「ZAKURO」の看板が目に入る。
マンゴージュースの隣に、「ザクロジュース、100円」とある。

「冷えたザクロジュース、ちょうだい!」

思わず発したこの言葉で、ザクロジュース初体験。

ちなみにイランのザクロは60%以上も果汁を含み、
砂漠と高原の気候ゆえ害虫が冬を越せず、農薬を使う必要がないとか。

冷えてなかったが、喉が渇いていたこともあり、一気に飲み干す。

「トマトジュース味の、ザクロジュース!? 」

たまたまここで飲んだザクロジュースがトマト味だったのか
ザクロジュースがもともとトマトジュースに似ているのか

──実証しなければなるまい。

Taka

2010年05月11日

0643

某製菓メーカーさん打ち合わせの日は、なぜかいつも雨です。

「まるで空気を運んでいるようなものだ」(オリエン資料)
から内製化が決まった丸筒。

壊れてるのは、バッグのなかで壊れたとかじゃなくて、
“トップカール”とか“リッダー”とかの意味がわかるように
壊してもらったからです。

って。社名伏せた意味がありませんね。

Asa.s

四月末日

2010年05月01日

1010402

街からさくらもちの香りが消えて、
さーて。連休です。(人により。というか、私だけ…)

1000131

Asa.s



最新記事