FC2ブログ

日報より/約束

2010年02月25日

asa-desk

アルバイトのみんなを見ていて
わりと早い段階から気付いていたことがあります。

持ってる書類なり資料なり、
とにかく紙を渡してくるときに、
必ず書面がこちらに向くように持ち直して渡してくれる。

単にそういうことができる子が偶然集まったのか、
大妻女子大がとてもいい学校なのかよくわかりません。

まぁ、これ自体はたいしたことじゃないです。
たいしたことじゃないけど、

その自然な心遣いへの感謝から(だけじゃないですけれども)、
私が個人的に、ここでのアルバイトが、
この子たちがいずれ自分のやりたいことをやって
社会でハッピーな毎日を過ごすための
プロセスのひとつになれたらいいな…
と心底思うことは事実です。

私が、自分すらたまにできていないこんなことに
気づけたのは、ただの偶然です。
そんなことを注意して見ているわけではない。
だから、気づいた自分がどうのこうのということではないですが、

クライアントである
某学園の就職組の生徒さんたちのそういう振る舞いに、
気づけている大人がどのくらいいるのかな、
ということを思いました。

たとえば仕事の理解が早いことや、挨拶が気持ちがいい、
とかいうこと以上に、紙の向きの話には、
他者を思う気持ちが明確です。
「こうすれば見やすい」っていう。

学園の生徒がそういう気持ちに裏付けられた行動をしても、
そのことに心が動く大人がいなくてスルーされていたら、
彼女たちが高校で学んできたことの実践は
「成功体験」ではなくなってしまう。

小学校から高校に至るまで、自分が学んできたことの価値は、
行き着く先の社会の判断次第で
よかったのか、そうでもなかったのか、が
自分のなかで決まってしまうものだと思うんですね。

そこで相手を思うゆえの気遣いが認められれば
「やってきてよかった」になるし、
スルーされれば
「あれって別に大事じゃなかったじゃん」になる。

自分本位ではなく相手の立場でものを考える、
他者の満足を介して初めて自分の満足が生まれる──

そういうことを教えて社会に送り出すのなら、
迎え入れる社会がそこに価値を置く場所じゃなきゃいけない。

すべての高校は、生徒たちが飛び込んでいく社会の組織が、
それを大事にする人間のいる場所かどうかを
知る努力をして、送り出さなければいけない。

そうでなければ、やっぱり社会はジャングルなので
3年間教えてそのことに満足して
「はい、あとは頑張って」
と同義だと思うのです。

進路指導にしても、
どれほど親身にone to oneで指導して、
きちんと吸収した生徒が、
これで自分は自分の好きなことで社会貢献ができる、と
期待して企業に入ったとしても、
そこに人が人を思う心を大事にしない上司がいたら、
たとえ望んだ職種であっても、
重ねてきたものは瞬間で白紙になる。

“うちはこんな教育をしています”
ではないのだと思います。
学校⇔在校生・入学生のあいだに生まれるべきコミュニケーションは。
教えていることを、学んでよかったと思える、
つまり3年間で学んだことのその先の「成功体験」を約束する。
その仕組みづくりができて初めて、
“うちがやっている教育”を堂々と示すことができる。

いろんな会社がある。ヘンな会社もたくさんあります。
その見極めは、高校3年生に難しい。

何かひとつのことに明確に価値を置く学校であるならなおさら、
その先の社会がそのことを大事にする場所であることを、
生徒たちに約束しなきゃいけない。

社会全体を変えることが難しいのなら、
その約束の方法を学校は探さなければいけないし、
お手伝いをする私たちもまた、
そこの模索から始めなければ、と思っています。

Asa.s

ウルトラマン的良心

2010年02月23日

snowy

アフガニスタンで、
地元の復興を支援している日本のNPOが建設してきた
運河が完成したことが報じられていました。
1年半くらい前に日本人が拉致殺害された事件がありましたが、
事件後、日本人メンバーは引き揚げ、
リーダーだけ残って完成に至ったと。
ワタシも、あーそいえば、そんな事あったな、
でしたから、これを取り上げた番組、エライと思います。

「私達はこの日本人を守らなければならない。
 この日本人を守ることが私達の村の未来につながる」
みたいなことを現地の村長さんが言っていて、
ちょっとグッときました。
こう言ってもらえる日本人が今何人いるんだろう、
とまずはエラそうに。
同時に、俺、他人に守ってもらえるだけのこと
やってっかな、とやや卑屈に。

運河づくりは、日本が昔、利用していた蛇籠という技術で
行われているというのもいい話でした。
日本では縄、アフガンでは針金という違いはありますが、
それででかい網の袋を編んで、中に石を詰める。
コンクリートで護岸を造るよりずっと安いほか、
大事なのは、壊れても現地の人たちが自分たちで直せる
という点だそうです。
進んだ技術が全ての人を幸福にするワケじゃない、
という。

オバマがアフガニスタンへの米軍増派を決定したことについての
NPOリーダーの言葉もよかった。
他国への干渉という点での批判に加えて、
「こういう一筋縄ではいかないところへ、兵隊だけ送って
すぐ状況がよくなるワケがない」
みたいな。
現地で苦労し、仲間まで殺されても
やることをやっている人の重さがありました。
「自由と民主主義」とか
フレーズかざすだけじゃ、すまねえんだよ……
と言いたかったんじゃないかな。
『ゴールデンスランバー』に
「青空をみていて、幸せを感じると同時に
この青空の下でも不幸な人がいることを思えるように」
みたいなフレーズがありましたが、
そういう人でありたい、と
水が通って緑に包まれた美しい現地の映像を見て
3分間ほどは思ったのでした。

moon hill

2010年02月18日

shira-pon

危うく、白子ポン酢を食べないで冬が終わってしまうところでした。

gomagoma

satoru

スーパーボウル観戦@マイアミ帰りのサトルさん。

Asa.s

「プライド」について

2010年02月15日

sunset

考えてみると、アピックスの仕事には、
読者(クライアント)に「(持つべき)誇り」を
持ってもらうことに価値を置くものが多い。

学校関係の研修手引書などはもちろんのこと、
社史もそうだし、今回の企画単行本もしかりである。
現在進行中の社史に至っては、
そこに目的がある、と言っても過言ではない。

でも、この「誇り」を持ってもらうことほど難しいことはない。
アピックスにも「アピックスとしての誇り」はあるかもしれないが、
それは“教育”やら“研修”によって
もたらされるものじゃあない気がする。

いくら創業者が立派でも、
いまの組織にそのDNAがきちんと受け継がれず、
魅力が感じられないとすれば、
いくら昔はこんなに高い志があったんだぜ、
と声高に叫んでみても、なんの説得力も持たない。

ようは「いま」が大切になる。

いま現在の組織や、属する人たちが、
自分にとって魅力的であれば、素直に「誇り」を持てる。

あるいは、その組織の向かっている方向や、
哲学といったものに共感できれば、
素直に「誇り」を持てる。

でも、逆もまたしかりで、
いくら立派な歴史や伝統があっても、
いまがだめなら誇りなど持てない。

つまり、組織なり、属する一人ひとりの、
“有り様”がすべてとも言える。

「誇り」を英訳すると、「プライド」になるのであろうか。

「誇り」と言うと、
「誇り高き男」とか「もっと誇りを持とうよ」とか、
ポジティブな響きがある。
それに対して、「プライド」は、
少なくとも日本ではちょっとニュアンスが異なる。
「あいつはプライドが高すぎるからな」「へたなプライドなんて捨てろよ」
となってしまう。

先日、産経新聞に載っていた記事が面白かった。
今年5月に47歳になるプロ野球の工藤公康投手の言葉である。

「僕はね、プライドにはふたつあると思う。
『捨てなきゃいけない』ものと、『持ち続ける』もの。
捨てなきゃいけないものは“過去の栄光”。
『オレは昔ね…』なんて言い出したら終わりですよ。
僕はいつも自分の心に問いかける。
『昔の自分といまの自分は違う。しっかりと現実をみろ。
野球を続けたかったら動け、トレーニングをやれ』と。
だから先発でもリリーフでも、敗戦処理でもいい。
『なんでこんな場面でオレが…』と思うようになったら、
もう辞めたほうがいいんですよ。
逆に、持ち続けるプライドは、
自分がやってきたこと(トレーニングや勉強)に対してですね。
長く現役を続けるために、人一倍やってきた自負はあるつもりです」

プライドの、この2つの側面は、興味深い。
「誇り」にも、捨てなきゃいけない「誇り」という、
ネガティブな面は潜んでいるはずである。
それは何かと言えば、少し極論になるかもしれないけれど、
外に向かう「誇り」なのではないか。
そこには見栄とか世間体とかが、顔を出しやすい。
本来、「誇り」も「プライド」も、
自分の内面に向かう時、凄さを発揮するもののように思う。

持ち続けるべき「誇り」や「プライド」を
どのように醸成していくか。
なかなか難しくはあるけれど、
少しヒントをもらったような気がする。

Taka

考えたこと~「リッツ本」

2010年02月08日

ritz
『リッツ・カールトン物語』(日経BP社)より

アピックスに入社してから、
社史や広報誌など、
いろいろなお仕事に関わらせていただいてきました。

そのなかでも「ホスピタリティ」という題材は、
私の結構大きな“初めて”をたくさん持っていきました。

初めてのテープ起こしは2009年2月の「四方さん取材第3回」でした。
初めての取材、初めての出張は同年3月、「四方さん取材@名古屋」でした。
そして、初めて大宅文庫で検索した単語も「ホスピタリティ」だった。
読んできた資料も、恐らくダントツで多いように思います。

いま、本当にこれが「本」になるのだという
ラストスパートのなかで、また“初めて”がたくさんある。
そして“初めて”を重ねる度に、
自分の身の回りで起こっている出来事について、
自分の身の回りにあるものについて、
再度、しみじみと考えさせられています。

本というのは小さい頃から、別に普通に、
当たり前のようにあるモノでした。

この「あったりまえにあるモノ」ができあがるのに、
技術的な面でもこれだけのことがなされていて、
これだけの人が動いている。
目の前の1冊は、
私の“初めて”だらけの1年に値するものがバックにあって
初めてカタチになったもの。
例えば、先月コンペに参加するまで、
学校案内1冊に「コンペ」というドラマがあるということを、
参加者の気持ちなんかを想像するほどリアルには考えていなかった。

こうしたドラマを想像する時、
それぞれにかけられた時間や労力、思いには差があるでしょうが
1冊1冊、なんて貴重なものなんでしょう、と思います。
「モノを大切に」って、当たり前だなぁと感じる瞬間です。

知ること、体験することの力と価値は、
それを感じることができるところにあるように思います。

いつもどおりのまとめですが、
世の中の仕組みを知るというのは、
そういう「つながり」や「しがらみ」を知ることであり、
だからこそ思いやりとか心づかいが生まれるのだろうなと。

「ホスピタリティ」の企画で
“初めて”を重ねるなかで、そういうことを何度も思えた。

shoko

リッツ・カールトン本が形になるのをひとつの区切りに、
こうしてたくさんのことを経験させていただいた1年で学んだことを、
“2度目”に活かすことを意識していきたいと思います。

miotobi

たまには仕事

2010年02月04日

stone

食べてばっかりいるわけでもなくて、
基本的には仕事をしています。たぶん。

負けたの意外。。。が率直な感想だった自分もどうかと思いますが、

長いおつきあいのクライアントの案件も
コンペだったら勝ててるかな、
と気が引き締まったのもまた事実です。

力不足でした、申し訳ないです!
としか言わなかったおっとこまえのデザイナーTさん(女性)、
次は勝ちましょう。

Asa.s


最新記事