FC2ブログ

HARVEST Medical&Welfare college

2008年10月31日

harvest

2回の夏秋冬に学生募集を手伝ってきたパンフレット。おつかれさん。新年度版制作へ。

もっと伝えるものを、もっと読まれるものを、もっと背中を押すものを。

Asa.s

採用面接日Ⅲ

2008年10月31日

てば

3日目。名古屋タカシマヤの手羽元。
たった2杯のビールでつかの間爆睡。(注:面接終わってからです)
Asa.s

採用面接日Ⅱ

2008年10月31日

ハンバーガー

2日目。「ONE’S DINER」のダブルチーズバーガー。
手タレは可愛い可愛い後輩うっつー。
Asa.s

「ONE’S DINER」
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-28-4

採用面接日Ⅰ

2008年10月31日

おむすびころりん

10月後半。怒濤の面接ウィーク。
来てくださったみなさまどうも有難うございました。

毎晩、岡田さんが「おつかれさん」と夜食を。うれしかった。。。
紹介します。1日目。おむすびころりん。
Asa.s

「おひつ膳 田んぼ」
東京都渋谷区代々木1-41-9

西荻と言えば……

2008年10月24日

こけし

23日午後、O氏が来社。「和」に関するムックシリーズの企画について雑談する。

手土産として持ってきていただいたのが「レーズンパイサンド」。

「西荻と言えば、こけし屋」と称される有名フランス料理店の、お洒落なお菓子だ。
3㎜という超薄のパイの中に、シェリー酒(?)に漬け込まれた
レーズンとリンゴがしっとりと挟まっている。

さすが「西荻」だけのことはある。上品である。お洒落である。

ちなみに、このこけし屋さん、毎月第二日曜日に「朝市」をやっているとか。
HPで見る限りでは、コーナーのひとつに「生ビール・ワイン」とある。

朝8時から飲む生ビール、ぜひ味わいたい。

Taka

「こけし屋」
東京都杉並区西荻南3-14-6

小鯛の笹漬け

2008年10月24日

こだい@福井

10月19日夜、義母が身罷る。
翌20日は夜まで採用面接であったが、
わがままを言わせてもらい午後から妻が待つ福井に行く。

管理職として無責任だが、「早く来て」という妻の電話はともかく、
「中間試験は…」という娘に「そんなもんと世話になったおばあちゃん比べるな」
と怒鳴った手前もあったのだ。

仏前で、あとは何とかやりますけん、と義母に手を合わせつつ、
迷惑かけたので、社の方々にお土産に名産「小鯛の笹漬け」。
「漬け」とはいっても昆布締めです。
小さな木の樽に十数切れ。そのまま食してよし、わさび醤油でもよし。
地方の名産品は保存食だったものが多く、味付けが濃くなりがちだが、
これは淡白で美味、どこに持っていっても、ほぼ確実に喜んでもらえる逸品。

moon hill

おとなのよるに。

2008年10月24日

DSCF2449.jpg

暗がり。
モヒート。
ピアノの音色。

どれも、普段の私からは繋がりにくいアイテム。

それが似合うようになりたい。
だから、今日はちょっとだけ背伸びしたのであります。

dance。

sato-

「dance」
東京都新宿区新宿3-20-6 FSビル4F

冬がはじまるよ

2008年10月21日

DSCF2417.jpg

ハイ、いっちに、いっちに。

歌舞伎町で送別会の炉端焼き。
真っ赤な炭火の上のハタハタの赤ちゃんも、
黒むつのカマも、どんこしいたけも、ほっけさんも
ヨガ中のちいさなたこさんも、
みんな
冬がはじまるよ。

Asa.s

「炉端焼き 絶好調 てっぺん」
東京都新宿区歌舞伎町1-2-6 三経55ビル9F

こんな人がほしい!

2008年10月07日

新たに社員募集を開始するに当たり、ふたりの経営者の言葉が頭によぎる。

「採用の条件は、明るくて素直なこと。
明るいと仲間ができやすいし、明るさは当人にツキを呼んでくるのです。
それから素直であれば、知識、経験、感動をスポンジのように吸収できます」

このふたつの条件、シンプルだけど、かけがえのないもの。
今回の採用試験では、とことん重視して臨みたい。

もうひとりの経営者のモットーが、「おもしろおかしく」。
これが実践できる人もほしい。

おもしろおかしく働ける仕事を「選択」する。
自分の仕事がおもしろおかしくなるよう「工夫」する。
──アピックスも、そんな会社にできたらいい。

そうした方向に向かえる仲間を増やしたい。

Taka

緒形拳さんのご冥福を祈って

2008年10月07日

shirayaki

池袋と要町のあわいにひっそりたたずむ、うなぎの名店「豊松」。

年数回はアピックス全員で訪問します。

思わず舐めたくなるのを我慢、我慢の「しゃもじ」、

後引きエンドレスの「骨せんべい」に続き、

極めつけは大ぶり・肉厚の熱々を、刻みニンニクを浸した醤油で食す「白焼き」


……くはぁ、言葉出ねえ。

うな重を半分こして食べて超満腹。

値段は良心的というより犯罪的。

一時体調を崩したという親父さん、
もっとお金とって構わないすから、末永くよろしく。

moon hill

「豊松」
東京都豊島区池袋3-69-15

参・鶏・湯

2008年10月03日

さむげたん

「今度、私が皆さんにサムゲタンをご馳走することになりました。
 岡田さんは鳥を食べられませんけど、鈴木さんたちは大丈夫でしょうか。
 サムゲタンを食べたことはありますか。取り急ぎ、ご連絡まで」

夏も終わりかなぁ…と思っていたある日、サトルさんから届いたメール。

むちゃくちゃ熱い器のなかの鶏肉を
骨を除きながらつまんで食べ、もち米を掘り出して食べ、
クコの実と一緒にスープをすすりながら…企画会議。

Asa.s

「高麗漢方参鶏湯」
東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル2F


最新記事