FC2ブログ

「柔らかさ」の源泉

2016年03月16日

respect.jpg

先日、取材で某光学機器メーカーを訪れた。

2000年代初めに
国内大手光学メーカーの不採算部門が本体から分離し、
仏の老舗メーカーとの合弁により誕生した企業である。

シェア80%を占める最大手と同15%の2番手が双璧をなす
国内市場での船出は厳しいものだったが、
日仏両社の強みを発揮することで着実に躍進を遂げ、
発足11年目にはシェア20%超を獲得するまでになった。

順風満帆。
そう思われたが、ほどなくして荒天の兆しが訪れる。
最大手と2番手との提携である。

御社にとっての影響は──?
競合2社の提携について、そう投げかけてみた。

問いを引き取ってくれたのは、フランス人の副社長だった。
身長190cm以上はあろうかという体躯に、
柔和な雰囲気をまとった人物である。

──この合従連衡により、国内市場のおよそ50%の行方が決することとなった。
  大きな脅威であることは間違いない。
  彼らが持っていない技術やマーケティングのあり方を模索し、
  確立することがcompeteするための必須条件である。

ガリバーに対峙する術をそう述べた後で、
さらに次のような言葉をつないだ。

──企業がいつまでも成長、発展を続けるためには競合の存在は不可欠。
  彼らのことは、大好き。

その顔には、
この日1番のチャーミングな笑みが浮かんでいる。

逆境といえる状況下でのステートメントはとかく、
重くて硬く、表情はしかつめらしくなりがちである。
ましてそれが、「競合について言及する経営幹部」となれば──。

自分が抱いていたイメージとは180°異なる「答え」に
見惚れながら、気づけばこちらも笑顔を返していた。


取材の冒頭、普及版担当(アピックスは正史担当)のライター氏からの
──異なる文化を持った2社の合併において最重視してきたものは?
との質問に、「respect」と即答した副社長。

ライバルを見据える眼差しの根底にあるのも、
きっとその心であるにちがいない。


sora

birthday

2014年10月30日

IMG_3229

IMG_3240

Happy Birthday!


Asa.s

2014 仕事始め

2014年01月06日

IMG_0106

熟練の技、真っすぐな心。

「最初に 食いもんに ホレる心が まずあってよ、
 そうすっと 自ずと その物の味を 活かそうと 躍起になるさ。
 そこで初めて 技ってやつの出番だ。
 そういう 順番じゃないと いけねぇ。」

「いまこの時 どうしても食いてぇもの。
 あとは 自分の料理を どうしても 食べてもらいてぇ人。
 料理に上手も 下手もなし。
 肝心なのはその二つ。込み上げる食欲と 込み上げる真心。」

すべての世界に共通する名言。

Taka

かっこいいぜ、チキショー

2013年12月02日

IMG_1051

仕事でご一緒させていただいている

工作舎・米澤さんが毎年やっているライブを拝見しました。
出版された『ビートルズの歩き方』の製本の苦心を印刷屋さんが披露するあたり、
さすが工作舎。

中盤では、ハードロック・バージョンの「会いたかった」を

獄本野ばら氏がうつむいて絶唱、りす組ガールズが無邪気に踊る。
かっちょええ。
この娘たちが「下妻物語」の土屋アンナと深キョンみたいに育ちますように。

moon hill

2人のビジネスマンの話

2013年10月21日

IMG_2111

ある企業の海外子会社の元責任者にインタビューした。
その人が赴任した当時、現地法人は業績不振。
最初の仕事が、株主総会で無配を了承してもらうこと。
多くの現地株主は冷たい視線だったが、
創立時からの年老いた現法会長(現地筆頭株主でもある)は、
「口は挟まないから、しっかりやって立て直してください」
と励まし、創立時の東奔西走ぶりなどを話したという。
その後も、表立った支援をするわけではないが、
老会長は精神的支柱として現法の責任者幹部社員の支えとなった。

責任者はさまざまな手を尽くして現法社員の士気を高め、
日本本社からの圧力にも、現法の存在意義と頑張りを説いて粘り、
見事、立て直しに成功する。


苦労した現法社員に報いるため、責任者は日本への旅行を企画、
社員全員が日本を楽しみ、さらなる努力を誓って気勢をあげた。
「ただ、残念ながら老会長だけは体調を崩していて、DVDでメッセージを……」
とそこまで話して、元責任者はしばらく言葉に詰まった。
旅行から1カ月余で、老会長は亡くなったという。
「黒字にして、ささやかでも復配するのが目標で、
もう少しで実現するところまできていたので、
それだけが心残りで……すみません」
こちらも質問しかねる時間が数十秒続いた。

老会長が亡くなったのは、もう4年以上前のこと。
インタビューした責任者は、今は別の現法社長になっている。
変化の激しい昨今のビジネス流儀でいえばとうに「昔話」。
それでも、口調からは、今でも本当に無念に思っている感じがうかがわれた。
「君自身の人格ならびに他のすべての人の人格に例外なく存するところの人間性を、
いつでもまたいかなる場合にも同時に目的として使用し
決して単なる手段として使用してはならない。」
カントの言葉がよぎる、数少ないインタビュー。



最新記事